煮え湯を飲まされたことはありますか?いや、本当に飲まされた話ではなく…

煮え湯を飲まされるとはどういう意味?

いよいよ猫内チャンピオンの防衛戦が始まります。

笹山会長は控室で相馬選手の勝利を見届けていました。

スポンサーリンク


「よし、KO!さすが相馬だな。」

「会長、試合の前に言っておくことがあります。」

「何だ?」

「あなたはきっと、煮え湯を飲まされることになる。」

「ああ?煮え湯を飲まされるだぁ?」

猫内さんは試合会場に向かいました。

「阿呆がまた知りもせん言葉を使いおって。お前なんぞ信頼しとらんわ!」

ついに試合開始です。開始早々、観戦者全員が驚愕しました!

猫内さんは本当にラミレスを倒しに行ったのです。ラミレスは想定外のことに動揺して上手く戦えません。

序盤は猫内さんのペースで進みました。

「馬鹿な!あいつが?しかも、まともに戦えているじゃないか!」

しかし、ラミレスは次第に冷静さを取り戻し、ラウンドが進むに連れて本来の力を発揮してきました。

そして第9R、ラミレスのストレートが猫内さんの顔面を捉えました。残念ながらKO負けです。

「………ふ、だろうな。そう簡単に勝てる相手ではないわ!ん?」

笹山会長の携帯に古畑という人から電話がかかってきました。

「おじき!試合を見ていたんですか?」

「ああ、残念だったな。」

「無様な姿を見せてしまいましたね。大丈夫です、あいつには今日で消えてもらいますから。」

「………」

「それより相馬を見てくれましたか?あいつなら絶対に世界を取れます!」

「凄いんだな。」

「ええ、ジムの設備を更に充実させればきっと…」

「チャンピオンになれそうだな。」

「はい、だから今後とも俺に…」

「だが断る」

「ええ?」

「負けたとはいえ、ラミレス相手にあそこまで善戦した日本人は見たことがないぞ。そんな猫内君を邪険に扱うとはどういうことだ?」

「そ、それは…」

「それに、彼の名前で検索するとジャッジ買収と出てくるんだが………お前、俺の金を何に使っていた?」

「あ、いや、その…」

「もうお前への資金援助はやめだ。後は勝手にやれ!」

電話が切れました。

「………くそ、まさかおじきに煮え湯を飲まされるとは。このままで済むと思うなよ、猫内!」

NEXT

スポンサーリンク


煮え湯とはどういう意味?

「煮え湯」とは「熱湯」のことです。

「そのまんまじゃねーか!」と思いましたか?いえいえ、大事なのは「望んでいないもの」という意味合いです。

敵対している人から飲み物を渡されて、素直に飲むでしょうか?もしかしたら変な物が入っているかもしれない。

しかし、自分が信頼している人からの飲み物なら何の疑いもなく飲みますよね?もしそれに毒が入っていたら?

「酷い目に遭わされた!信じてたのに!」となりますよね。

信頼している相手に裏切られて、酷い目に遭わされる。」ことを「煮え湯を飲まされる」と言います。

「単に酷い目に遭わされる、敵から酷い目に遭わされる。」という場合に使うのは誤用ですので気を付けて下さい。

スポンサーリンク