「噴飯物」という言葉をよく聞きますが、どういう意味でしたっけ?

噴飯物とは腹立たしいこと?

西條高校は工藤君と清田君の活躍により準決勝も勝利。今日が決勝戦です。

対戦相手は東戸倉高校………を破った灰沼工業高校(東京)です。

スポンサーリンク


「決勝戦か、流石の俺も緊張するな。先輩はどうですか?」

「もちろんしてるさ。それよりも相手が気になるな。」

「灰沼が?」

「監督も言ってたけど、反則スレスレの危険なプレーが多い。注意しないとな。」

「そうすか。」

工藤君が心配したとおり、灰沼工業は高校生らしくないプレーが随所に見られました。

当てに来ているかのような執拗な内角攻め、足を狙っているかのような危険なスライディング、いつ負傷者が出てもおかしくありませんでした。

「くそ、もう少しで当たるところだった。」

「ふざけてますよね、あの剛田とかいう投手。先輩の打撃なんて俺の足元にも及ばないのに。」

「本当にふざけてるよな。お前の今のセリフの後半並に。」

「………俺にはあんまり厳しいのが来ないんですけどね。」

「お前はプロが注目していると知っているからな。ずる賢い奴らだぜ。監督も悪そうな顔してるし。」

「あの監督の指示なんでしょうね。」

「ああ。汚い連中だ(まともそうなのは1人だけかな?)」

「同じ野球人として許せません。噴飯物ですよ。」

「………あのな、清田。」

「何ですか?」

「いや、今はいい。」

「?」

試合は清田君が甘く入ったストレートを打ち返して勝ち越し。1点リードのまま9回裏を迎えました。

3番の安室君にヒットを許してワンナウト1、3塁のピンチを迎えましたが、4番の剛田君を併殺打に打ち取り試合終了。西條高校の優勝です。

「やりましたね、先輩。」

「ああ。お前もよくやったよ。流石4番だ。」

「いやいや、先輩のお陰ですよ。ところで、あの時何を言いかけたんですか?」

「………いずれ話すよ。とりあえず今日は喜んでおけ。」

「はあ…」

NEXT

スポンサーリンク


噴飯物の正しい意味と読みは?

「噴飯物」は「ふんぱんもの」と読みます。私は以前「ふきはんもの」と読んでいました、というのは秘密です。

「噴飯」は「口の中の飯を噴き出すほどおかしいこと」という意味で、「噴飯物」で「人に笑われるような物事。滑稽なこと。」となります。

少々下品な表現ですので、私はあまり使いたくありません。使ったことないですけどね。

そもそも、以前は「腹立たしいこと」という意味だと思っていたので、使わなくて良かったなと思います。

平成24年度の「国語に関する世論調査」によると、約半数の方が「腹立たしいこと」という意味だと思っていたらしいです。

何となくわかります。「噴火」って言葉がありますからね。「噴」の字を見るとそのような勘違いをしてしまうかもしれません。

でも、「飯」の字で気付くべきでしょうね。人のことは言えませんが。

スポンサーリンク