「第1回目」という言い方をよく聞きますが、それは正しいのでしょうか?数字のことじゃないですよ。

第1回目等の言い方は正しいの?

春菜さんがインタビュアーを務める新番組「プロ野球の達人たち」がいよいよ始まります。

最初の選手は東京ゲミックスウォリアーズの4番、広岡さんです。今日は初めてということで、成宮さんが同行しています。

スポンサーリンク


「グラウンドに入ったのは初めてですけど、凄く広いんですね。」

「ええ、テレビで観るのとはだいぶ印象が違うわね。」

「えーと、広岡さんは………(あ、谷口さんだ。)」

「どこ見てるの?広岡さんは向こうでしょ。」

「あ、はい。すみません(うるさいな!ほんと、邪魔!)」

春菜さんたちは広岡選手の方へ向かいました。

「こんにちは、広岡さん!」

「お久しぶりです。」

「ああ、こんにちは。今日はよろしくお願いします。」

「私はここで見てるから話を聞いてきて、失礼のないようにね。」

「はい。」

広岡選手へのインタビューが始まりました。

「広岡さん、開幕早々お邪魔してしまって申し訳ありません。」

「いえ、大丈夫です。新番組ですよね?その記念すべき第1回目の選手に選んでもらえて、とても光栄に思っていますよ。」

「え?違いますよ。」

「あれ、そうなの?監督からはそう聞いたような気がしたんだけど。」

「そうじゃないですよ、第1回目というのは重言で…」

「………そうすか(チッ)」

「気のせいかな?一瞬、広岡さんが怒ったように見えたけど………もう少し近くで見てみようかしら。」

つづく

スポンサーリンク


第と目の使い方は?

「第1回目」と聞いて違和感を覚える方はあまり多くないと思いますが、間違いです。

「第」は順序を表す数につける言葉で、「順序」を示す「目」の意味を含んでいるのです。

つまり、「第1回」には「1回目」という意味があるため、「第1回目」だと重言となります。

新年明けましておめでとうございますと同じで、「丁寧に言おうとして使ってしまう」というケースが多いのではないでしょうか?

「第1回目」はわかりやすいので採用しただけで、「第2試合目」、「第3週目」、「第4球目」等も同様に間違いです。

正しくはそれぞれ「第2試合、2試合目」、「第3週、3週目」、「第4球、4球目」となります。

「第」と「目」は同時に使わないのだと覚えておきましょう。

何年前かは忘れましたが、テレビである芸能界のご意見番の方が「アナウンサーが第1回目とか言うな!」と言っていたのを覚えています。

アナウンサーの方は特に気を付けてくださいね。

ちなみに、「達」という字は「友達」等の極限られた名詞を除き、「たつ」と読みます。

「達」に「複数の人」という意味は無いので、「私達」、「達人達」という表記は誤りです。ついでに覚えておきましょう。

スポンサーリンク