みなさんは募金をしたことがありますか?私は…

募金とは募金活動のこと?

大手電気通信事業者「エレクロム」に務める大木さん。

いつもの駅を降りて会社に向かう途中、募金活動をしている若者たちが目には入りました。

そして、会社に着くと同僚の倉野さんがスマホをいじっていました。

スポンサーリンク


「おはよう。」

「ああ、おはよう。」

「駅前で若い人たちが募金活動をしてたな。」

「してたね。」

「気がついたら募金してたよ。」

「へー、そりゃ凄いな。たいしたもんだよ。」

「お前はしなかったのか?」

「ああ。」

「………」

「何か?」

「なぁ倉野。念の為に聞くけど、今までに募金したことあるか?」

「うーん、ないな。」

「ない?1円もか?」

「そうだなぁ」

「おいおい、30過ぎの社会人なのにまだ一度も募金したことがないってのか?」

「くどいね。」

「うちは給料いいのにさ、1円もないっていうのはいかがなものかと思うけどな。」

「それは言いすぎじゃないか?」

「そんなことないさ。今の時代はスマホで簡単に募金できるんだぜ。特にうちで提供しているアプリを使えば……」

「ところでさぁ」

「何だよ、人がせっかくこのアプリの使い方を説明してやろうと思ったのに…」

「もう何度か使ったよ、それ。さっきも。」

「?」

「ところで、寄付はしたの?」

「? いや、だから募金を…」

「寄付なら結構してるよ。募金は行動力がいるからちょっと苦手だね。その点、大木は立派だよな。」

「ああ、まぁな(なんて性格の悪いやつだ!)」

NEXT

スポンサーリンク


募金と寄付は同じ意味?

おそらく多くの方が、以下のような認識をしていると思われます。

募金箱を持ってお金を集めること→募金活動

募金箱にお金を入れること→募金

「募金」とは「お金」を「募る」という意味です。そして、「募る」は「広い範囲に呼びかけて集めること」です。

よって、「募金する」と「募金活動をする」は同じです。

お金を無償で提供する行為は「寄付」と言います。募金に対してお金を提供するなら「募金に応じる」ですね。

よく、「皆様から頂いた募金」、「募金をお願いします」という言葉を聞きますが、残念ながら間違いということになります(寄付です)。

寄付も募金も素晴らしいことですので、わざわざ指摘するようなことはしたくありません。

ですが、正しい言葉を覚えておいて損はしないと思います。

私も募金をしたことはないですが、寄付ならもちろんあります。

せめて、できることはしたいですね。

スポンサーリンク