日本人は横並びが好きなので、出る釘は打たれちゃいますよね。あれ?杭でしたっけ?

出る釘は打たれる?出る杭は打たれる?

春の選抜高校野球大会で準優勝した灰沼学園。以前から強豪校でしたが、監督が代わった去年の秋から何かが変わったようです。

主将の剛田君は監督の方針に従順ですが、2年生の安室君は…

スポンサーリンク


「おい、安室!俺のスパイク、汚れたまんまじゃねーか!」

「すみません。部室の掃除に時間がかかりまして。」

「まったく、手際の悪い奴だぜ。」

「あの、剛田さん。」

「何だよ。」

「いつまで続ければいいんですか?」

「俺の気が済むまでだ。」

「そんな…」

「あ?何だ?あの時の失態をもう忘れたのか、お前は?」

「失態だなんて…」

「お前がちゃんと野手の足を狙っていれば併殺崩れの間に同点に出来たよな?」

「でも、あの足の位置とタイミングでは…」

「ほう、4番のくせにそんな内野ゴロを打った俺が悪いってか?」

「そんなこと言っていませんよ。ただ、あの状況で足を狙うのは不自然すぎましたから…」

「そこを上手くやれるように俺たちは毎日練習してんだよ。いい加減、お前もやれよな。」

「………」

「いつになったら監督の方針に従う気だ?そろそろ限界だぞ。」

「方針というのは、『スライディングは出来るだけ足を狙え』や、『怪我をさせることを恐れるな』ですか?」

「そうだよ。」

「そんなの間違ってますよ。格闘技じゃあるまいし。」

「馬鹿野郎、勝つためだろうが。勝負は勝たなきゃダメなんだよ!」

「それはプロの場合でしょ。僕らは高校生です。学生野球は教育活動の一環なんですから、勝ち負け以外に大切なことを学ぶ場で…」

「そんな戯言を言ってるから負けんだよ。優勝逃して悔しくねーのか?」

「悔しいですよ。でも、汚いマネをしてまで勝ちたくはないです。正直、あの監督は…」

「やれやれ。スポーツ特待生っていうのは運動神経は良くても頭は悪いらしいな。」

「どういう意味ですか?」

「わからねーなら教えてやるよ。」

剛田君は安室君の胸ぐらを掴みました。

「出る釘は打たれるんだよ!」

「………(杭じゃなかったっけ?)」

NEXT

スポンサーリンク


正しいのはどちら?(ことわざという意味で)

「優れた者はとかく憎まれる・目立つ者は他から押さえられる」ことを「出る杭は打たれる」と言います。

「杭」は「地中に打ち込む長い材木」で、しっかりと打ち込まれていない(出ている)と困るので打たれるのです。

正しくは「出る杭」なのですが、「出る釘」と言ってしまう方が多少なりともいらっしゃるようです。

確かに「くい」と「くぎ」は発音が似ていますし、どちらも打たれるもの。

役割は違いますが、それは意味において重要ではないでしょう。

よって、「出る釘は打たれる」でも意味は通ると思いますし、間違っているとまでは言えない気がします。

しかし、ことわざとして正しいのは「出る杭は打たれる」なので覚えておきましょう。

スポンサーリンク