あなたの周りにいつもにやけている人はいますか?私の周りにはいませんが。

にやけるとはニヤニヤすること?

荒川学園高校に通う明日香さん。彼氏はいますが、周囲にはそのことを秘密にしています。

学校に着くと、友人の加奈子さんが楽しげな顔で「BIJON」という女性向けの月刊誌を眺めていました。

スポンサーリンク


「おはよう、加奈子」

「おはよう。」

「何を見ているの?」

「見て見て、この人カッコイイと思わない?」

「フューチャーの長瀬君?初めて見た。」

「最近人気がでてきたところだからね。明日香はタイプじゃない?」

「タイプってわけじゃないけど、格好いいと思うよ。」

「明日香は選り好みしすぎなんじゃない?そんなんじゃ彼氏できないよ。」

「うん、そうかもね(大きなお世話だよ。彼氏いるし。)」

「私はめっちゃタイプだなぁ」

「………(いつも同じこと言ってる。加奈子のタイプって何種類あるのかな?)」

「何?」

「いや、何でもないよ。でも、この前までシャイニングの諸星君がタイプって言ってなかった?」

「諸星君も結構良かったんだけど、にやけた感じが少し気になってたんだよね。」

「そう?諸星君は別ににやけてなんかいなかったと思うけど?」

「明日香はあんまりテレビ見てないんじゃない?アップになった時によくわかるよ。」

「ふーん、そうなんだ(ああ、そういうことか)。」

NEXT

スポンサーリンク


にやけるの正しい意味は?

「にやける」の正しい意味をご存じでしょうか?

「にや」から「(・∀・)ニヤニヤ」を連想して、「にやにやしている」という意味で使っている方がほとんどだと思われますが、そういうのは「にやつく」といいます。

「にやける」は「若気る」と書き、「なよなよしている、男性が女性のような仕草をする様子」という意味です。

なよなよしている男性自体をあまり見かけませんし、そういう男性を指して「にやけている」と言う人も滅多にいないので、正しい意味で使われることはほぼないと言っていいでしょう。

逆に、ニヤニヤしている男性を「にやけ男」と言ったり、にやついている人の顔を「にやけヅラ」と言う誤用ならよく見かけます。

それでも、「なよなよ」も「にやにや」もしている男性に対して使う場合には意味が通じてしまうかもしれません。

しかし、女性には基本的に使いませんので、「にやけた女」等とは言わない方がいいでしょう。

知っている人に聞かれればにやつかれますから。

スポンサーリンク