テレビを見ていると、たまに「洗脳」という言葉を聞きます。しかし、たいていは…

洗脳とは情報操作により人を操ること?

灰沼学園野球部で監督と主将による乱闘及び暴力事件が起こりました!野球部は1年間の公式戦出場停止が濃厚。監督は解任です。

昼休み、停学になった元主将の剛田君から安室君に電話がかかってきました。

スポンサーリンク


「はい、安室です。」

「安室。今、大丈夫か?」

「はい。」

「すまなかった。」

「………」

お前の言うとおりだ。俺はどうかしていたよ。」

「一体何があったんですか?」

「2年前のあの試合、俺がセーフになっていれば逆転できる可能性はあった。」

「そうかもしれないですけど、あれは仕方がなかったですよ。」

「俺もそう思った。実際、先輩たちも分かってくれた。」

「ならいいじゃないですか。」

「だが1年後、監督に就任した根本が言ったんだ。」

「何をですか?」

「あれは俺を気遣っての演技だ。本当は腸が煮えくり返っていて、何度も陰口を叩いていた………とな。」

「そんなことないでしょ。仮にそうだとしても、それをあの人が知っているとは考えにくいです。」

「冷静に考えればそうだ。だが、俺も心のどこかで『間違っていたんじゃないか?』と思っていたから、信じてしまった。」

「………」

「そして奴は『勝つためには相手に気を遣っていてはだめだ。俺だけは何があってもお前の味方だから、俺のやり方を信じろ!』と言ったんだ。」

「………」

「去年の夏は予選であっさり負けちまったし、弱体化したチームを立て直さなければいけないと焦っていたから、奴の言うことを正しいと思い込まされてしまった。」

「それって…」

「ああ、洗脳されていたんだよ。殴られてそれが解けたみたいだ。」

「(洗脳?)」

言葉はともかく、剛田君の気持ちは伝わったので、来年は甲子園を目指すことを約束しました。

NEXT

スポンサーリンク


洗脳の正しい意味は?

「洗脳」と「マインドコントロール」を同じ意味だと思っている方が非常に多いですが、明確に違います。

「洗脳」とは、「監禁、薬物、拷問等の手段を用いて、本人の意思や気持ちと関係なく、無理矢理にでも人格改造を行うこと。」です。

暴力などの外圧を用いて特殊な思想を植え付けることなのです。

それに対して「マインドコントロール」は、「情報を操作し、相手の感情や行動を操作すること。」です。

「正常な思考力・判断力を奪う」という点では洗脳と同じですが、暴力的な手段は用いません。

「洗脳、洗脳」と軽はずみに使う方が多いですが、ほとんどの場合はマインドコントロールの間違いです。

倫理的に「やってはいけないこと」という点では同じですけどね。

スポンサーリンク