変なタイトルでごめんなさい。誰かの逆鱗を逆撫でしなければいいのですが………あれ?

逆鱗を逆撫でする?

先日の猫内さんの発言を聞いて怒り心頭に発したラミレスは、次の防衛戦の相手に猫内さんを指名してきました。

坂本さんは動揺する猫内さんにラミレスのことを話しました。

スポンサーリンク


「………」

「………」

「また凄い発言をしちゃったね。」

「そんなにまずかったんでしょうか?」

「ラミレスは気性が荒くて乱暴な発言が目立つけど、反則はもちろん、不正を疑われるようなこともしない。クリーンなボクサーだよ。」

「でも、高額なファイトマネーを要求するって聞きましたけど?」

「それは事実だが、そのファイトマネーのほとんどは恵まれない子どもたちへの寄付に当てられているんだ。」

「………」

「だから彼はベネズエラで大人気で、そんな自分を誇りに思っている。それを…」

「あれは褒めるつもりで言ったんですけど…」

「言葉選びを間違えたね。」

「俺の不用意な発言でラミレスの逆鱗を逆撫でしてしまったんですね。今後は気を付けないと…」

「(言ってるそばから間違いか)で、どうしたいの?受けるの?」

「(あんな化物はもうごめんだ。適当な理由を付けて逃げよう。)受けたいのはやまやまですが…」

「ん?」

「敵地でやるんですよね?」

「だろうね。」

「お金がかかりますよね。」

「そうだね。」

「俺は移籍したばかりの人間です。そんな俺がジムに負担をかけるのは気が引けますから、今回は…」

「そのことなら心配要らないよ。」

「え?」

「会長が言ってたんだけど、古畑さんが全面的にバックアップしてくれるってさ。良かったね、思う存分暴れてくると良いよ。」

「………」

猫内さんは、かつてない程に青ざめました。

NEXT

スポンサーリンク


逆鱗に触れる?神経を逆撫でする?

「逆鱗を逆撫でする」という言葉が使われることがあるそうですが、もちろんそんな言葉はありません。

どうやら「逆鱗に触れる」と「神経を逆撫でする」との混同のようです。本気なのかギャグなのかはわかりかねますが。

「逆撫でする」とは「わざわざ人の気持ちに逆らうような言動をする」という意味で、逆撫でする対象は「神経、感情、気持ち」等です。

そして、「逆鱗」は「天子(天に代わって国を治める君主、天皇、帝王。)又は目上の人の怒り」のことです。

「逆鱗を逆撫でする」だと「怒りに逆らうような言動」となるのでしょうか?よくわかりません。

「怒りを鎮める」と解釈できなくもないですが、間違いなのは間違いありません。

「逆鱗」は「逆撫でする」のではなく、「触れる」ものです。触れない方が良いですけどね。

スポンサーリンク