がんばっている人たちはきちんと評価されるべきです。誇大評価はだめですけどね。2つの意味で。

誇大評価とはどういう意味?

東戸倉高校野球部のエースは渡辺君ですが、2年生の勇毅君もだいぶ力をつけてきました。

言葉はともかく、投手としての成長に渡辺君は喜びを感じています。

スポンサーリンク

「いい球投げてるな、勇毅。」

「ありがとうございます、先輩。」

「また速くなったんじゃないか?」

「そうですか?自分ではよくわからないんですけど。」

「元々俺より速かったからな。でも、それ以上にコントロールが良くなったことに驚いたぞ。」

「はい、毎日たくさん投げ込んでいますから。」

「(監督のお陰で)実戦で投げる機会が多かったしな。」

「かなり疲れましたけどね。」

「フォークも良いし、今年はかなり戦力として期待できそうだ。」

「期待に応えられるようにがんばります。」

「本当に良くなったよ。ひょっとしたら、夏の大会ではエースナンバーを付けているかもしれないな。」

「はははは、まさか。それは誇大評価というやつですよ。」

「………まあ、がんばってくれ(こっちの方も成長して欲しいな)」

NEXT

スポンサーリンク

誇大広告と過大評価の意味は?

「誇大」は「大袈裟な様子」という意味です。

自慢話をする分には構いませんが、「誇大広告(商品等を実際よりも優れているようにみせかけ、消費者に誤認を与える広告。)」はやばいです。根拠を示せなければアウト!

「過大」は「大き過ぎる」という意味です(そのまんまですね)。反意語は「過小(小さ過ぎる)」。

「過大評価(実際よりも良く見過ぎること)」のように使われることが多いです。誇大広告と違って罪に問われる事はないですが、「過大評価し過ぎ!」は重言なのでアウト!

「誇大評価」は上記の「誇大広告」と「過大評価」とを混同して生み出されてしまった造語です。

「大袈裟な評価」となりますので、「絶対に間違っている」ということもないでしょうけど、辞書は認めていません。ウケ狙いで使う分には構いませんが、それ以外はアウト!

スポンサーリンク