不必要なことを強制するのは良くないですよね。強いたげるようなことは…ん?

強いたげる?虐げる?

涼子さんの脅しにより、沙羅さんに真実を告げられずにいた架澄さん。

しかし、ついに良心の呵責に耐えきれなくなり…

スポンサーリンク


「沙羅、具合はどう?」

「足はもう大丈夫だよ。でも、もしあの男性が…」

「うーん、あの件だけどさ、もしかしたら私たちの聞き間違いかもしれないんだよね。」

「え?」

「だってさ、あれから何回か公演があったけど、あいつの姿を見たことはないよ。」

「そう…」

「だから心配しなくても…」

「もし、私が復帰したと同時に現れたら?」

「いや、そんなことは…」

「私…もうアイドルを辞めようと思うの。」

「え?え?」

「元々私には向いてなかったと思うし…」

「そんなことないよ。大丈夫だって。」

「………」

「………ごめん、沙羅。私、ずっと嘘をついていたの。」

「え?嘘?」

「実はね…」

架澄さんは涼子さんとの約束を反故にし、全てを沙羅さんに教えました。

「………」

「本当にごめんね。沙羅のためでもあるからって自分に言い訳して、沙羅を利用してた。私は最低だよ。」

「架澄、私も隠していたことがあるの。」

「え?」

「私、本当は…」

「………そうだったの?ごめん、全然気が付いてなくて…」

「いいのよ。黙ってた私が悪いんだから。」

「そんなことないよ。沙羅の気持ちも考えないで、あんなこと強いたげていたなんて、私はなんて自分勝手な女なの?」

「………違うよ、架澄。」

「違わないよ。私は…」

強いていただよ。」

「………そう、ありがと。」

そして、ついに涼子さんへの逆襲が始まりました。

スポンサーリンク


正しい漢字とその意味は?

「むごく扱う、いじめる。」ことを「虐(しいた)げる」と言います。

「虐待(ぎゃくたい)」の「虐」ですから、どれくらい恐ろしいかは想像に難くないでしょう。

この「しいたげる」を「強いたげる」と書くと思い、「強いる(無理に勧める、強制する、押し付ける。)」と混同して使ってしまう方が少なくないそうです。

「強いる」は良くないことですが、「虐げる」ほど悪い行為ではないですね。強いるのは状況によってはアリですが、虐げるのはやめて下さい。やめて下さい。やめて下さい(古いネタでごめんなさい)。

それにしても「強いたげる」とは面白い勘違いですね。漢字も意味も間違っているわけですから。読みも漢字も変わった「独擅場(どくせんじょう)」も真っ青です。

そもそも、「強いたげる」は変換で出てこないはずなんですけどね(笑)

スポンサーリンク