頼み事をしたときに一つ返事で引き受けてもらえると嬉しいですよね。あれ?二つ返事でしたっけ?

快諾するのは一つ返事?二つ返事?

ある日の夕方、浦沢さんは長男の太郎君と買い物に出かけました。

店に向かう途中、太郎君にお風呂の掃除を頼んだことを思い出し…

スポンサーリンク


「そう言えば太郎、頼んでおいたお風呂の掃除、やってくれた。」

「あ、忘れてた。」

「だめじゃないの。帰ったらすぐに入りたいのに。」

「次郎に電話して頼んでおくよ。」

「まったく、困った子ね。」

太郎君は次郎君に電話をして、お風呂掃除をお願いしました。

「どうだった?」

「二つ返事で引き受けたよ。」

「そう、それは良かった。」

しかし、家に帰ってみると、掃除は全くされていませんでした。

「次郎!どういうこと?」

「ああ、ごめんごめん。忘れてた。」

「忘れちゃダメでしょ!」

「面倒くさいから後でやろうと思ってたら、ついね。」

「面倒くさい?快諾したんじゃなかったの?」

「そんなわけないでしょ。」

「太郎、どういうこと?」

「何が?二つ返事って言ったじゃん。『はい、はい。』って嫌そうに言ってたんだよ。一つ返事じゃなくてね。」

浦沢さんは呆れて何も言えませんでした。

スポンサーリンク


二つ返事の意味は?

「はいはい」と、気持ち良くすぐに引き受けることを「二つ返事」と言います。

主に「二つ返事で承諾する」等と使います(「二つ返事で諾」は重言だと思いますが)。

「二つ返事」は「はい」の1回目と2回目に間を置かない応え方です。これだと(通常は)快い返事となります。

間を置いた「はい、はい。」という、いかにも嫌そうな返事も形式上は「二つ返事」ですが、一般的には認められていません。

「気持ち良く引き受けること」を「一つ返事」と言う方がいらっしゃいますが、残念ながらそういう言葉はありません。

これは「はいは1回でいい」と教えられた、配の方による誤用と考えられています。

ちなみに「二つ返事で断る」という言葉を使っている方もいらっしゃるようで、これには驚きました。

たしかに「返事」は「はい」とは限らないので、「二つ返事で」を「即座に」という意味だと誤解すれば、あり得る間違いではあります。

ちょっと痛いですけどね。

スポンサーリンク