キザな男性を「素敵」と言う女性がいらっしゃいますが、本当にそう思いますか?

キザとは気取った様子のこと?

漫画家を目指す北村さんは再び神薙書房を訪れました。

編集者の堀口さんは主人公の性格に驚きました。

スポンサーリンク


「ブレイドファンタジー………ああ、この前の漫画を書き直したんだね。」

「はい、ちょっと主人公の性格に難があると思ったので。」

「そうかもしれないね(どちらかと言えば、難は君の日本語力の方にあったと思うけど。)」

「どうでしょうか?」

「随分変わったね、気取ったセリフが多い。」

「やっぱり主人公はナルシストの方が良いかなと思ったんですよ。」

「(ナルシストな)今回は女性もいるんだね(ほんと、絵は上手いわ。)」

「はい、その子がヒロインです。可愛いでしょ?」

「そうだね(でもセリフが痛いな。性格もウザいし。宇宙に放逐したくなる。)」

「その子がキザな主人公に惹かれていく様子も、この漫画の見所です!」

「なるほど(キザな主人公に惹かれる?まあ、アホの子だからおかしくはないか。)」

「賞を取れるでしょうか?」

「いけるんじゃない?」

「本当ですか?ありがとうございます!」

「(ギャグ漫画としてならね)」

NEXT

スポンサーリンク


キザの正しい意味と漢字は?

「キザ」とは「気取っていて、不愉快な感じを起こさせる様子。」という意味です。

漢字で書くと「気障」。文字通り「気に障る」という意味です。

このキザを「気取った様子、格好いい、格好つけ。」という意味だと思って使っている方がかなり多いです。

確かに「気取って」はいますが、「不愉快な感じを起こさせる様子」ですので、決して褒め言葉にはなり得ません。

「格好つけたセリフ」のことを「キザなセリフ」ということが多いですが、ちょっと違う………というか、大間違いではないでしょうか?

「キザな男はモテる」や「キザだけど素敵」等は「キザ」の意味を勘違いして使っているとしか思えません。

そう言えば昔のアニメで「キザ」という名前の気取ったキャラがいたような…

本名なのかニックネームなのかは覚えていませんけどね。

スポンサーリンク