「しどけない」は女性を形容する際に使われることのある言葉ですが、どういう意味でしょうか?

しどけないとは色気があること?

北村さんが再度「ブレイドファンタジー」を描き直して来ました。ギャグ漫画のつもりはないらしいです。

堀口さんは正直呆れて飽きているのですが…

スポンサーリンク


「これでどうでしょうか?」

「例の漫画ですね。拝見します。」

今回は主人公のライトがだいぶまともなキャラになっていました。しかし、ヒロインの方は…

「ライトは良いね。悪く言えば普通だけど。」

「そうですね。色々考えましたけど、やはり少年誌らしく王道的なキャラにしてみました。」

「なるほど(どんなキャラだよ!あいつらがおかしなタイトルの参考書を出すもんだから、こっちまで恥ずかしいよ。)」

「これなら連載できますか?ギャグ漫画としてではなく。」

「全体的には良いんだけど、ヒロインのリンダがね…」

「まだおかしいですか?性格もセリフも直したんですけど?」

「そっちはいいよ。でも、服装とのバランスが取れていないんだよ。」

「服装ですか?」

「真面目な性格の割にはちょっとしどけないよね。」

「いいんじゃないですか?」

「そうかな?」

「少年誌ですけど、これくらいの色気がないと男性からの支持は得られないと思うんですよ。」

「………(通じてないようだが、面倒くさいからもうこれでいいや。)」

NEXT

スポンサーリンク


しどけないの正しい意味は?

「しどけない」とは「(身なり・態度が)しまりがない・だらしない」という意味です。

これを「色気がある・艶(なま)めかしい」という意味だと思っている方が少なくありません。

原因は、用例の多くが「部屋にいる時の女性のだらしない姿」を形容しているためでしょう。

女性の寝巻きや浴衣が乱れていると色っぽく感じますから、意味を勘違いしても不思議ではないかもしれません。

本来は男性にも使用できる言葉なのですが、誤用により女性限定の言葉となりつつあります。

「しどけない姿ですね」と言われたら身なりを整えましょう。「ありがとうございます」なんて言っちゃダメですよ。

ちなみに、「だらない」は本来は「だらない」でした。日本語は面白いですね。

スポンサーリンク