「かんぱつをいれず攻撃しろ!」のような言葉をたまに聞きますが、「かんぱつ」って何でしょうか?

間髪をいれずの間髪は「かんぱつ」と読む?

今日は人気格闘ゲーム「渾身の鉄拳」の世界大会が行われます。

ネットで中継されるので、美島君は大河君の部屋で一緒に観戦することにしました。

スポンサーリンク


「これが1回戦?物凄くレベルが高いじゃないか。」

「各国で予選が行われているからな。この大会に出ている時点で化物ばかりだよ。」

「空中コンボを喰らったら一溜まりもないな。」

「体力の半分くらいは覚悟しないといけない。だから読み合いが大事なんだ。」

「それにしても凄い指使いだ。とても真似できない。」

「みんな毎日必死に練習してるのさ。」

「毎日?」

「ああ、スポーツってそういうものだろ?」

「そ、そうだな(イースポーツってやつか?俺はイマイチ納得いかないんだが。)」

「あれだけのコンボを決めるのは大変なんだ。かんぱつをいれずに次のボタンを押す必要があるからな。」

「………難しいな(日本語も)。」

NEXT

スポンサーリンク


間髪をいれずの正しい読み方は?

「間髪をいれず」は「かん、はつをいれず。」と読みます。「間」は「あいだ・すきま」という意味です(そのまんまですね)。

「髪の毛1本ほどの隙間もない」ことから「ほとんど間をおかずに」という意味で使われます。

これを「かんぱつをいれず」と読んでしまう方が非常に多いのです(私も初めて見たときはそう読みましたが)。

「髪」は「長髪」のように「はつ」と読む場合もあれば、「金髪」のように「ぱつ」と読む場合もあります。

しかし、「間髪(かんぱつ)」という熟語は(ありそうで)ありません。間違えないように気をつけましょう。

ちなみに「いれず」は「入れず」ではなく「容れず」と書きます。

中国の説話集「説苑(ぜいえん)」に収録されている「間不髪(かん、ふようはつ)」という故事が語源だからです。

「間不容髪」はそのまま四字熟語となっていて、「ほとんど間をおかずに」の他に「非常に差し迫った様子」という意味もあります。

スポンサーリンク