「力なき者は見るのもけがわらしい!!」というセリフを聞いたことがありますか?そんな事ないですよね?

けがわらしい?けがらわしい?

美島君はまた大河君に頼まれてアパートへ行きました。

どうしても一緒に見たいものがあるそうです。

スポンサーリンク


「何だよ、見せたいものって?」

「Autumn Hazingを覚えているか?」

「ああ。美人女子高生に運動を教えるゲームだよな。」

「そうだ。あと1回でSランクになるはずなんだ。あられもないコスチュームを一緒に見ようぜ。」

「そういうことか。まあ、いいけど。」

ゲームが始まりました。

「(ほんと、会話のバリエーションが少ないよな。2回もやれば飽きそうだ。)」

そしてついに、エンディングを迎えました。Sランクです。

「よし来た!早速コスチュームチェンジだ!」

そのコスチュームに、ふたりは驚きました。

「何だこの姿は!」

「ゴ、ゴリラ?」

期待していたコスチュームは、なんとゴリラの着包みでした。

「こんな格好の海夏ちゃんは有り得ない!どこがあられもない姿だ!」

「(有り得ないからあられもない姿なんだろ?別におかしくねーじゃん………と言ったら怒るだろうな。)」

「せめて熊の着包みにしろ!何故ゴリラなんだ!けがわらしい!」

「(それを言うなら『けがらわしい』だろ………いや、いいのか。毛皮だからw)」

スポンサーリンク


正しい方とその意味は?

「汚(きたな)らしくて自分まで汚(よご)れてしまうような感じ。不愉快・下品である。」ことを「汚(けが)らわしい」と言います。

これを「けがわらしい(←なぜか変換できない)」と言ってしまう方が少なくないのです。

冒頭のセリフは有名格闘ゲームのラスボスのものですが、実に恥ずかしいですね。何が毛皮なのか教えてもらいたいものです。

ただ、このような文字の入れ替わりはそれほど珍しいものではありません。例えば「まぎわらしい」とか。

正解は「紛らわしい」ですが、間違っている方は「間際らしい」となるのでしょうか?状況によってはアリですね。

また、入れ替わりが(勘違いによって)定着した例もあります。それが「新(あらた)しい」→「新(あたら)しい」。

だったら、「あたらに・あたらな」とも言えよ!と思うんですけど。日本人はいい加減ですね。

スポンサーリンク