「御の字」という言葉を使っていますか?本当に御の字なら結構なことです。

御の字とは納得できるという事?

今日はWBC(世界ボクシングクラブ)世界フライ級タイトルマッチが行われます。

平塚ジム所属の杉下選手がチャンピオンのラミレス(ベネズエラ)に挑みます。

ボクシングファンの井上さんは前川さんを観戦に付き合わせました。

スポンサーリンク


「いよいよ始まるな。」

「ラミレスって強いの?」

「強い!ここまで46勝無敗で38KOだ。はっきり言って杉下が勝つのは難しいだろう。一方的になるかもしれない。」

「(俺はそんな試合の観戦に付き合わされたのかよ)杉下はそんなに弱いの?」

「世界ランク8位だ。弱くはないけど、相手が強すぎる。勝てば大金星だよ。」

遂に試合が始まりました。

ラミレス選手はパンチを上下に打ち分ける技術に優れたハードパンチャー。特に槍のように伸びてくるストレートは脅威で、杉下選手は自分の距離で戦えません。

序盤こそ善戦しましたが、徐々に被弾を重ね、顔が腫れ上がっていきました。

「くそ、打つ手なしか。」

「確かに強いね。どっちが優勢か判断できない人はいないだろう。」

杉下選手は防戦一方でしたがディフェンスが上手く、決定的なパンチをもらうことなく判定に持ち込みました。

しかし結果は明らかで、杉下選手の世界挑戦は失敗に終わりました。

「残念だった。でもあのラミレス相手にKOは免れたんだから、御の字だよ。」

「いや、御の字ではないだろう。」

「何だと?お前はラミレスのことを知らないからそんなことを言うんだ!」

「そうじゃなくて…」

NEXT

スポンサーリンク


御の字の由来と正しい意味は?

「御の字」とは、「俺(おん)の字」という意味です…というのはもちろん冗談です(笑)。

「御の字」は江戸時代初期の遊里語(遊郭で遊女らの用いた特殊な言葉遣い及び遊郭内での隠語的語彙)に由来します。

「『御』という字を付けたい程の非常に有り難いものという意味だったそうです。

したがって、御の字とは「納得できる」ではなく、「大いにありがたい・満足である」を意味しています。

しかし、私の聞く限りではみなさん「納得」の意味で使われていますね。そのため、私も数年前までは勘違いしていました。

もっとも他人の心の中まではわかりませんので、傍から見れば「納得」でも本人にとっては「満足」なのかもしれませんね。

誤用なのかどうかは言った本人に聞いてみないとわかりません。間違えてもごまかしが効くのでご安心下さい。

スポンサーリンク