「お求めやすい価格」、「お心当たりの方」。どちらもよく耳にする言葉ですが、正しい言い方なのでしょうか?

お求めやすい価格?お心当たりの方?

イケメン故にすぐに彼女を作れるが、なぜかすぐに振られてしまう有原君。しかし、最近はその原因がわかりかけてきたようです。

今日は8人目の彼女となった只野さんとデートに行ってきました。デート自体は無事に終わったようですが…

スポンサーリンク


「楽しかったね。」

「うん。また行きたいね。」

「(今度はうまくいったぞ。つまり、彼女の言い間違いを指摘しなければいいんだ。簡単じゃないか!)」

「ねえ、あの店に寄っていかない?買いたいものがあるの。」

「もちろん、いいよ。」

こうして、有原君たちは大手洋服店「黒華」に入っていきました。

「どれがいいかなぁ?」

「セーターをお探しですか?」

迷う只野さんに、男性店員の八神さんが優しく声をかけてきました。

「はい、寒くなってきたので。」

「こちらは人気が高く、暖かいのでお勧めですよ。」

「良さそうですね。値段も手頃だし。」

「はい、秋セールにより非常にお求めやすい価格となっています。」

「違うなぁ。」

「!」

「?」

「それを言うなら『お求めになりやすい価格』でしょ。しっかりしてよ。」

「………」

「失礼しました。」

「これ下さい。」

「ありがとうございます。」

会計の途中、店内にアナウンスが流れました。

「迷子のお知らせです。4歳くらいのお子様がサービスカウンターでお連れ様をお待ちです。お心当たりの方は…」

「ねぇ有原君…」

「違うなぁ。」

「?」

「それを言うなら『心当たりのあるお方』だろうに。あぁ恥ずかしい。」

「………(-_-)」

「………(`A´)」

また振られてしまった有原君でした。

NEXT

スポンサーリンク


正しい言い方は?

「お求めやすい価格」は当然のように使われている言葉ですが、ちょっと気持ちが悪いです。

「住みやすい」に「お」を付けて「お住みやすい」にしてみれば、おかしいことが

分かりやすい

分かりになりやすい

と思います。

「お」を付けるのならば「になり」とセットにするべきです。

正しくは「お求めになりやすい価格」となりますので覚えておきましょう。

「心当たり」とは「思い当たること」という意味の名詞です。

これに「お」・「の方」を付けると「お思い当たることの方」となり、意味不明です。

丁寧に言おうとして「お」を付けたのはいいとして、「ある」が言いにくくなり、抜け落ちてしまった形です。

正しくは「心当たりのある(思い当たることのある)お方」となります。

「お」は、後ろにある「方」にだけ付けた方が良いと思いますよ。

私はこれらの間違いが物凄く気になります。だから、「誰か突っ込んくれよ」といつも思っているのですが…

スポンサーリンク