「やぶさかでない」という言葉を聞いたことがありますか?どんな意味でしょうか?

やぶさかでないとは?

華原さんは最近周囲からの視線が気になっているようです。何かあったのでしょうか?

そんな時、思いもよらない人から電話がかかってきました。

スポンサーリンク


「もしもし。」

「大島です。お久しぶりですね、華原さん。」

「どなたでしたっけ?」

「ひどいなぁ、シグナルソングのプロデューサーですよ。」

「ああ、大島さん、思い出しました。お久しぶりですね、どんなご用件でしょうか?」

「実はヘブンズコールの森田さんからお電話がありましてね。」

「?」

「華原さんの動画を見て興味を持たれたそうなんです。」

「動画?何のことでしょうか?」

「カラオケハウスで東野さんの歌を熱唱している動画ですよ、覚えていませんか?」

「あ、ああ、あれですか(北条のやつ…どおりで視線を感じるわけだ。)」

「視聴者のコメントからシグナルソングに出演した華原さんだとわかって、うちに問い合わせが来たんですよ。」

「それはひょっとして、スカウトというやつですか?」

「恐らくそうでしょう。」

「私を評価してくれる芸能事務所があったんですね。」

「今でも歌手を目指しているのでしたら会ってお話したいとのことですが、いかがなさいますか?」

「お会いするにやぶさかでないです。」

「そ、そうですか。では、その旨をお伝えしておきますね。」

「はい、よろしくお願いします。」

通話終了後

「勝手なことして…と思ったけど、結果オーライだから許してやるか。連絡が楽しみだなぁ。」

「あ、森田さんですか?華原さんにお話したんですけど、あまり乗り気ではないようで…」

NEXT

スポンサーリンク


「やぶさかでない」とは、何かを仕方なく○○するという意味?

やぶさかでない。私は結構好きな言葉です。だって、ちょっと知的に思われるじゃないですか(え?思わない?)

「やぶさか」には「物惜しみするさま、思い切りの悪いさま」という(否定的な)意味があります。

それに打ち消し(でない)を伴うことで、肯定的な意味となるのです。

「やぶさかでない」は「喜んでする・する努力を惜しまない」という意味であり、「仕方なくする」ではないので気をつけましょう。

基本的には「○○するにやぶさかでない」という形で使いますが、「○○やぶさかでない」、「やぶさかでない」もアリのようです。

誤用以前にこの言葉はあまり使われないので、正しい使い方を聞く機会もあまりないと思います。

だからこそ、使ってみるとちょっと格好良いような気分に浸れるんですが、それは私だけでしょうか?

スポンサーリンク