「魅せる○○」という表現をよく目にしますね。どういう意味なのでしょうか?

魅せるとはどういう意味?魅する?

見事にクライマックスシリーズを勝ち抜いたゲミックスは日本シリーズに出場。相手は西京新聞を親会社に持つ「西京シルバースネークス」。

3勝2敗で迎えた第6戦はエース谷口投手が先発。ゲミックスファンの中村さんは青木君を連れて応援に駆けつけました。

スポンサーリンク


「今日勝てば日本一だね?」

「そう。谷口投手ならきっと抑えてくれるよ。」

「確か第1戦で投げたけど、あんまり良くなかったよね。」

「あれはクライマックスシリーズで疲れていたからよ。今回は中6日だから大丈夫。」

「じゃあ今日は最高のピッチングが見られるのかな?」

「期待しましょう。」

谷口投手は中村さんの期待を上回るピッチングを披露。

160キロに迫るストレートに140キロを超えるスライダーとフォークを織り交ぜ、相手打線を寄せ付けません。

「凄い、全く付け入る隙がないじゃないか。」

「ここまで凄いなんて………正に日本のエースだね。」

谷口投手は三振と凡打の山を築きました。圧巻だったのは最も凄かったのは先制してもらった直後の8、9回。

なんと、6者連続奪三振で試合を締めくくり、ゲミックスウォリアーズを日本一に導きました。

「やった、最高!」

「最後の奪三振ショーは本当に凄かった。魅せるね。」

「見せる?何を?」

「魅了したって意味さ。」

「それを言うなら魅するじゃない?」

「いや、今日のピッチングにミスはないよ。」

「………(まぁいいか、もう慣れたし。)」

NEXT

スポンサーリンク


魅せると見せるの違いは?

「(不思議な力で)人を惹きつける、魅了する」ことを「魅する」と言います。

「魅了する○○」と言いたいのでしたら「魅せる○○」ではなく「魅する○○」となります。

「魅せる」というのは「魅了する」と「見せる」をかけた当て字です。

最初にこの表現を用いた人は(おそらく)「見タカ!(見たか!)」のようなノリで書いたのでしょう。

しかし、多くの人が本当にそのような言葉があるのだと誤解し、一般的に使われるようになりました。

スポーツ中継を見ていると実況が「(観客を)魅せました」と叫ぶシーンがよくありますが、誤りです。

だいたい、「観客が魅了されたかどうか」が何で実況に分かるんですかね?エスパー?

「見せました」なのかもしれませんが、だとしたら目的語が必要なはずですので、やはり「魅せました」なのでしょう。

本当は正しくないとわかっているのなら使っても構いませんが、誤解していると思われたくないなら避けた方無難です。

ちなみに通常は受け身の「魅せられる」が使われますので、「魅せられる○○」なら問題ありません。

スポンサーリンク