「檄を飛ばす」という言葉をよく聞きますが、正しい意味で使われている割合はと言うと…

檄を飛ばすとは叱咤激励すること?

東戸倉高校野球部は明治神宮野球大会に出場。決勝戦で広島の西條高校に敗れはしましたが、見事な準優勝でした。

満足はしていないものの、実績を挙げたことに喜びを感じている七瀬監督に、今年の夏で引退した前エースの上杉君が会いに来ました。

スポンサーリンク

「監督!」

「ん、おお上杉か。プロ入りおめでとう!」

「いやいや、まだ指名されただけで確定はしていませんよ。」

「でも、行くんだろ?」

「そのつもりでいます。プロでやっていけるかどうかちょっと心配ですが。」

「お前なら大丈夫だよ、ゲミックスでも十分活躍できる。」

「ありがとうございます。監督も準優勝おめでとうございます。」

「もう少しで優勝だったんだけどな、あの清田とかいう1年生は化物だ。勇毅も悔しがっていたよ。」

「流石プロが注目するだけありますよね。」

「もう一人の注目選手はピッチャーだったな。」

「西岡君ですね。彼はエレクロムに入る予定です。」

「ライバル球団か。いつか投げ合いになるかもしれないな。」

「だといいですね。それにしても渡辺たちは凄いですね、正直頼りないと思っていたんですけど。」

「最初はそうだったな。だが、俺の想像以上の成長を遂げてくれた。」

「がんばりましたよね。」

「散々檄を飛ばした甲斐があったよ。」

「え、檄を飛ばしたんですか?」

「ああ。」

「何のためにですか?」

「選手のために決まっているだろ?」

「そうですか(監督が一番頼りない気がしてきた)」

NEXT

スポンサーリンク

檄を飛ばすの意味と誤用に注意!

檄を飛ばす。過激な言葉を投げかけるようなイメージが湧きますね。

そのため(?)「叱咤激励する」という意味で使われることが非常に多いですが、誤用です。

正しくは「自分の主張や考えを広く人々に知らせて同意を求めること」です。

「檄」とは「決起をうながす文書」であり、「激」ではありません。

かなり有名な誤用なので、正しい意味を知っている方も多いことでしょう。

にもかかわらず、スポーツ記者は未だに「檄を飛ばす」という言葉が大好きです。「猛檄」なんて書くことも。

この言葉に限らず、誤用が生まれる主な原因は「正しい意味で使われる機会がほとんどない」ことです。

使わないなら使わないでいいのに、「何となく格好いいから」という理由で知らない言葉を使おうとするから間違いを犯すのです。

記事を書くのが仕事なら、もう少し日本語の勉強をしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク