紐解くという言葉を日常的に使っていますか?私は使ったことがありません。

紐解くとは何かを解明する事?

矢部さんは近所では資産家として有名です。残念なことに空巣に入られてしまい、想定外の被害を受けてしまいました。

すぐに警察を呼んで調べてもらうことになりましたが…

スポンサーリンク


「こちらが被害に遭われた部屋ですね。」

「はい。」

「施錠はしっかりしておきましたか?」

「はい、それは間違いありません。そもそもうちは警備会社「アルファセーフ」のシステムを導入しているので安全のはずなんですが。」

「システムが作動しなかったわけですね。」

「はい、アルファセーフさんも不思議に思っています。一体犯人はどんな手を使ったのでしょうか?謎ですね。」

矢部さんは出かける時は必ず施錠をし、防犯システムが正常に動いていることを確認していました。

困惑する矢部さんでしたが、警察の鈴木さんは自信を持って言いました。

「ご安心下さい。うちには優秀な技術者や鑑識がおりますので、必ず紐解いてみせます。」

「何をですか?」

「無論、謎です。」

「推理小説か何かですか?そんなことをやっていないで早く捜査してくださいよ。」

「ですから、事件の謎を紐解くと言っているのです。」

「意味がわかりません。」

「なるほど、わかりました。では簡単に言いますね。事件の謎は我々が必ず解き明かしてみせます!」

「………ああ、そういう事ですか、わかりました。」

鈴木さんが矢部さんの「わかりました」の意味を知ったのはそれからしばらく経ってからのことでした。

スポンサーリンク


紐解くの正しい意味は?

「解く」というからには「解き明かす」という意味だろうと思って使っている方が大半だと思います。

実際、「紐解く」で検索してみると、そのような意図でこの言葉を使用しているタイトルがたくさん表示されます。

しかしながら、「紐解く」にそのような意味は微塵もありません。

「ひもとく」という漢字は正確には「繙く」と「紐解く」があり、「紐解く」だと「つぼみが開く」の意味になります。もうひとつの意味もあるのですが、少々危険なのでここでは触れません。

「繙く」だと「書物を開いて読む」という意味になります。

「○○の歴史をひもとく」という言い方をよく聞きますが、誤用です。「歴史書をひもとく」なら可ですが。

しかし、本を読むなら普通に「読む」と言えばいいだけのことであり、「ひもとく」を使う理由が見当たりません。

「解明する」を格好良く言おうと思って「ひもとく」になっているのでしょうが、知っている人に聞かれたら笑われてしまうかもしれませんので御注意を。

スポンサーリンク