あなたの周りでいそいそとしている人はいますか?いるとしたら………

いそいそとは忙しい様子のこと?

大手ゲーム会社「ゲミックス」では『デモンズウェーブ4』の開発に大忙し。

あまりの忙しさに総務課にも応援依頼が来ましたが、和田課長は木村さんに様子を見てくるよう指示しました。

スポンサーリンク


「木村君、ちょっといいかな?」

「はい、課長。」

「今、ゲーム開発課から電話があってね、忙しいから人を貸して欲しいと言われたんだ。」

「そうですね、最近残業時間が増えているみたいですから。」

「とはいえ、うちもそこそこ忙しい。安易に応じたくはないんだ。」

「それもそうですね。」

「ちょっとゲーム開発課の様子を見てきてくれないか?」

「え?」

「本当に忙しいのか、のんびりやっていて時間がかかっているのか疑わしいからね。それを確認してから考えることにするよ。」

「わかりました。では行ってきます。」

ゲーム開発課の様子を見に来た木村さんの目には、非常に忙しく作業にあたっている社員の姿が映りました。

「これは本当に大変そうだ。すぐに課長に報告しないと。」

木村さんは大急ぎで総務課に戻りました。

「課長!」

「おお木村君、どうだった。」

「はい、どの社員も非常にいそいそと仕事をしていましたよ。」

「いそいそと?」

「はい。」

「わかった、報告ありがとう。」

そう言うと和田課長はすぐにゲーム開発課に電話をしました。何やら怒っている様子です。

不思議に思う木村君ですが、和田課長の怒りの矛先はすぐに木村君に変わりました。

「木村君、ちょっといいかな?」

普段は穏やか和田課長の顔が、妙に引きつっていました。

NEXT

スポンサーリンク


いそいその正しい意味は?

「いそいそ」という言葉は、何となく「忙しい」、「急いでいる」といった様子が思い浮かべられますね。

しかし、いそいその正しい意味は「嬉しいことがあるために、動作が調子づいている様子」です。

簡単に言うと、楽しそうな様子です。

「忙しい様子」を伝えようとして「いそいそ」という言葉を使ってしまい、「楽しそうな様子」と伝えてしまうというのはちょっと危険ですね。

ただし、言った人と聞いた人がお互いに誤用していれば問題は起きないかもしれません。

お互いに誤用しているからこそ意思疎通が出来る。そういうこともあるでしょうね。

しかしそれはそれで問題ですので、できるだけ正しい知識を持ちましょう。知っていて困ることはありませんから。

冒頭の続きですが、いるとしたら、それは結構なことです。

スポンサーリンク