届いた荷物に「天地無用」というシールが貼ってあることがありますが、どんな意味かご存知ですか?

天地無用とは上下逆で良いということ?

昨日は家でゆっくりと過ごしていた湯本さんですが、今日はスーパーの初売りセールに行くことにしました。

そこで、小学校2年生の春樹君に留守番を任せることにしましたが…

スポンサーリンク


「春樹、お母さんちょっと買い物に行ってくるからお留守番お願いね。」

「雪降ってるよ、大丈夫?」

「心配無用よ。」

「心配無用ってどういう意味?」

「心配しなくていいってことよ。『無用』は『いらない』ってことだから。」

「ふーん、そうなんだ。」

「じゃあ、行ってくるね。」

「はーい。」

湯本さんが出かけている間に宅配業者がやってきました。何か荷物が届いたようです。

「何だろう?ん?」

その荷物には「天地無用」のシールが貼ってありました。

「天と地だから上下のことかな?無用は「いらない」だから………上下は気にしなくていいってことかな?」

春樹君は居間に荷物を運びましたが、置く時に失敗して上下が逆になってしまいました。

「失敗しちゃった。でも、天地無用だからいいか。」

しばらくして湯本さんが帰ってきましたが、ひっくり返っているお年賀と「天地無用」のシールを見てびっくりしました。

「………」

開けてみると、中の食べ物がグチャグチャになっていました。

「春樹!どういうこと?天地無用のシールが見えなかったの?」

「だって、無用でしょ?」

前回同様、小学生には難しかったようです。

スポンサーリンク


天地無用の正しい意味は?

「天地無用」とは、AIC制作による日本のアニメシリーズ………のことではもちろんありません。

「天地」は「天地する」の略で、「上と下とをとりかえる」という意味です。そして、この場合の「無用」は「いらない」ではなく、「してはいけない」なのです。

つまり天地無用とは、「上下を逆にしてはいけない」という意味です。

これを「上下逆さまにしても良い」と誤解している人は少なくないと思いますが、分かりづらいので無理もないでしょう。

むしろ、この四字熟語を初めて聞いて意味を理解できた人の方が凄いと思います。

天地はあまり使われませんし、無用は意味が複数ありますからね。

「無用」は他にも「役に立たない」という意味があります(有用の反意語です)。ついでに覚えておきましょう。

スポンサーリンク