スポーツでは「圧巻」という言葉がよく使われますが、意味はご存知でしょうか?

圧巻とは圧倒的なこと?

文京大学2年生の中村さんは大の野球好き。新しく出来た彼氏の藤井くんも野球が好きなので、一緒にプロ野球観戦をすることになりました。

ゲミックスを親会社に持つ東京ゲミックスウォリアーズが、首位を走る大阪エレクロムファルコンズに挑みます。

試合は息詰まる投手戦。どちらが先取点を取るのか注目されていましたが、ゲミックスの4番広岡選手が7回にツーランホームランを放ち、均衡を破りました。

スポンサーリンク


「やった!凄い!」

「特大のホームランだったね。」

「どうしてあんなに遠くまで飛ばせるのかなぁ」

「ほんと、圧巻だよね。」

「………そうだね。」

谷口投手は8回まで被安打3で無失点。9回もマウンドに上がりました。

「まだ投げるんだね。だいぶ疲れているようにみえるけど。」

「エースだからね。彼を見たくて来ているお客さんも多いからぜひ完封してほしいな。」

谷口投手は気迫の投球で9回も押さえ、勝利投手となりました。

「やったね。格好いい!」

「凄かったね。正に圧巻のピッチングだったよ。」

「ねえ、前から気になってたんだけど、『圧巻』ってどういう意味?」

「え?」

「圧巻の意味よ。」

「………」

「知らないの?」

「いや、そういうわけじゃないけどさ。あれだ、『凄い』っていう意味だよ。」

「なら『凄い』でよくない?」

「それじゃ物足りないんだ。そう、『圧倒的』という意味さ。」

「………」

中村さんはそれ以上聞きませんでした。

NEXT

スポンサーリンク


圧巻の由来と正しい意味は?

「圧巻」とは中国の故事「諸巻を圧倒す」から来た言葉で、「書物や催し物、物事等の中で最も優れている部分」という意味です。

巻は試験の答案のことで、最優秀の答案を一番上に置いたことから「他を圧して最も優れたもの」を圧巻と言うようになったそうです。

由来はともかく、意味はピンと来ますか?来ませんよね?私もです(笑)

小説や演劇等で特定のシーンが最高だった場合に「あのシーンは圧巻だった」と言うのなら、正しい使い方と言えるでしょう。

しかし、筋書きのないスポーツで「最も凄いところ」を指して「圧巻」と表現するのには違和感しかありません。

残念ながら圧巻の誤用率は非常に高く、「圧倒的に凄い」の意味で使われることがほとんどです。

誤用なのに「正に圧巻」と書かれていると「辞書を引いて下さい」と言いたくなります。

もっとも、由来を考えれば誤用されている意味で問題ないような気もしますけどね。何でこんな意味になったのやら。

正直使いづらい言葉だと思うので、正しい使い方が出来るシーンでもわざわざ使う必要はないのではないかと思います。

スポンサーリンク